Skip to content

作者別: admin

保湿ケアについて

アトピー性皮膚炎の基本的な治療としてスキンケアが挙げられます。それは、アトピー性皮膚炎は改善と悪化を繰り返すことがあるため、症状が重いときだけでなく、軽いときにも継続してスキンケアを行う必要があるためです。アトピー性皮膚炎のスキンケアにはどのようなものがあるのでしょうか。

入浴アトピー性皮膚炎のスキンケアにはしっかりと正しく入浴したあとに保湿を行うというものがあります。何故なら、入浴したあとは皮脂が洗い流れた状態であるため何もしないでいると肌が乾燥状態に陥ってしまうからです。そのため、入浴が終わったら5分以内に保湿剤を塗ることが重要です。

では、保湿剤はどのようにぬるべきなのでしょうか。塗り方は優しく、こすらず、優しく丁寧に手のひらを使って塗り広げていきましょう。シワのある部分や関節部分も塗り忘れのないように皮膚を伸ばして塗っていきましょう。このような保湿ケアは症状が出ているときだけでなく、日常的に行う必要があります。日々の日課にスキンケアを行うことが大切だと言えるようです。

アトピー性皮膚炎のスキンケアには保湿が重要だと言われています。毎日しっかりと保湿をすることがアトピー性皮膚炎の基本的な治療になるという意見も挙げられています。

肌のバリア機能とは

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態は、肌のバリア機能が弱まっている状態だと言われています。そのため、水分が外に出てしまい乾燥しているのです。乾燥した肌は外部からの刺激物質が侵入しやすく、そこからの刺激でかゆみが生まれます。そこで掻いてしまうことで傷が生じ、肌の状態が悪化して、さらなるかゆみを生み出すのです。このような悪循環を断ち切るにはどうしたら良いのでしょうか。

保湿肌のバリア機能を正常に保つためには、保湿が必要です。そのため、「3大保湿因子」をしっかり補う必要があります。水分が保たれている正常な肌は、外部の刺激物質をブロックする機能を持っているからです。このようなバリア機能を正しく働かせるためにも3大保湿因子を意識することが重要だと言われています。

3大保湿因子は、天然保湿因子、セラミド、皮脂の3つが挙げられます。天然保湿因子は、水分をたっぷり角質細胞の内側に保湿するものです。セラミドは水分を保つ働きを持っていて、角質細胞の間を埋めています。皮脂は嫌われているイメージですが、水分の蒸発を防ぐためには必要不可欠。皮脂膜を強化することで、肌を乾燥から守っているのです。肌のバリア機能を働かせるには3大保湿因子についてしっかりと知識を身につけましょう。

年代別の特徴

一般的に、強いかゆみと発疹が繰り返し現れるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。顔や首、肘や膝などに発疹が現れやすく、全身に広がってしまう場合もあります。このような特徴をもっているアトピー性皮膚炎ですが、人間の発育状態によってもその症状に変化が見られるようです。それは一体どのようなものなのでしょうか。

アトピーまず、乳児期ですが、こちらは主に頭や顔からアトピー性皮膚炎の症状が出るという場合が多いです。また、食物アレルギーの場合ではミミズ腫れのような赤身とかゆみが現れます。しかし、これはアトピー性皮膚炎とは別々に治療する必要があるので、皮膚科の専門医に相談しなくてはいけません。

また、幼小児期では膝や膝などの関節部分にアトピー性皮膚炎が見られる場合が多いです。耳切れと呼ばれる耳の付け根に発疹が現れる症状も見られます。あかぎれのような症状なので、分かりやすいという意見もあるようです。子供の肌は皮脂の分泌が少ないため、大人と比べて乾燥しているため対策をしましょう。

アトピー性皮膚炎は年齢によって、その症状の出方に特徴があります。また、食物アレルギーとも混同しやすいとの声もあるようなので、注意する必要があるようです。

アトピーケアについて

多くの人が悩んでいるアトピー性皮膚炎。その対策についてどのようなものがあるのか知りたいという人もいるかと思います。そもそもアトピー性皮膚炎にはどのようなものがあり、その時の肌はどのような状態なのか。また、そのときに必要なスキンケアについて調べていきましょう。

保湿まず、アトピー性皮膚炎は発症する時期によって症状の出方が違ってきます。乳幼児の場合は口の周りや頰に発疹などが出ますが幼小児期では膝や肘といった手足の関節部分に表れます。こうした特徴を持っているアトピー性皮膚炎の肌の状態はバリア機能が弱まっていると言えるようです。水分が外に出ている乾燥した状態であるため、外部の刺激物質が侵入しやすくなっているのです。そのため、肌の「3大保湿因子」を補う必要があります。天然保湿因子、セラミド、皮脂がそれぞれ関係していることを覚えておきましょう。また、アトピーのときのスキンケアには入浴と保湿が挙げられます。保湿をする際には入浴後の5分以内に行うようにしましょう。手のひらを使って優しく、塗り残しの無いように丁寧に塗っていくことが大切です。また、これは症状が出ているときだけでなく、出ていないときにも行う必要があります。保湿ケアを日常的に念入りに行うことが、アトピー性皮膚炎の基本的な治療方法とも言えるようです。

アトピー性皮膚炎について調べている人にとって有益な記事を書かせていただきました。貴方の毎日を少しだけ明るくできたら、嬉しいです。是非お読みください。