Skip to content

肌のバリア機能とは

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態は、肌のバリア機能が弱まっている状態だと言われています。そのため、水分が外に出てしまい乾燥しているのです。乾燥した肌は外部からの刺激物質が侵入しやすく、そこからの刺激でかゆみが生まれます。そこで掻いてしまうことで傷が生じ、肌の状態が悪化して、さらなるかゆみを生み出すのです。このような悪循環を断ち切るにはどうしたら良いのでしょうか。

保湿肌のバリア機能を正常に保つためには、保湿が必要です。そのため、「3大保湿因子」をしっかり補う必要があります。水分が保たれている正常な肌は、外部の刺激物質をブロックする機能を持っているからです。このようなバリア機能を正しく働かせるためにも3大保湿因子を意識することが重要だと言われています。

3大保湿因子は、天然保湿因子、セラミド、皮脂の3つが挙げられます。天然保湿因子は、水分をたっぷり角質細胞の内側に保湿するものです。セラミドは水分を保つ働きを持っていて、角質細胞の間を埋めています。皮脂は嫌われているイメージですが、水分の蒸発を防ぐためには必要不可欠。皮脂膜を強化することで、肌を乾燥から守っているのです。肌のバリア機能を働かせるには3大保湿因子についてしっかりと知識を身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です