Skip to content

年代別の特徴

一般的に、強いかゆみと発疹が繰り返し現れるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。顔や首、肘や膝などに発疹が現れやすく、全身に広がってしまう場合もあります。このような特徴をもっているアトピー性皮膚炎ですが、人間の発育状態によってもその症状に変化が見られるようです。それは一体どのようなものなのでしょうか。

アトピーまず、乳児期ですが、こちらは主に頭や顔からアトピー性皮膚炎の症状が出るという場合が多いです。また、食物アレルギーの場合ではミミズ腫れのような赤身とかゆみが現れます。しかし、これはアトピー性皮膚炎とは別々に治療する必要があるので、皮膚科の専門医に相談しなくてはいけません。

また、幼小児期では膝や膝などの関節部分にアトピー性皮膚炎が見られる場合が多いです。耳切れと呼ばれる耳の付け根に発疹が現れる症状も見られます。あかぎれのような症状なので、分かりやすいという意見もあるようです。子供の肌は皮脂の分泌が少ないため、大人と比べて乾燥しているため対策をしましょう。

アトピー性皮膚炎は年齢によって、その症状の出方に特徴があります。また、食物アレルギーとも混同しやすいとの声もあるようなので、注意する必要があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です