Skip to content

アトピーケアについて

多くの人が悩んでいるアトピー性皮膚炎。その対策についてどのようなものがあるのか知りたいという人もいるかと思います。そもそもアトピー性皮膚炎にはどのようなものがあり、その時の肌はどのような状態なのか。また、そのときに必要なスキンケアについて調べていきましょう。

保湿まず、アトピー性皮膚炎は発症する時期によって症状の出方が違ってきます。乳幼児の場合は口の周りや頰に発疹などが出ますが幼小児期では膝や肘といった手足の関節部分に表れます。こうした特徴を持っているアトピー性皮膚炎の肌の状態はバリア機能が弱まっていると言えるようです。水分が外に出ている乾燥した状態であるため、外部の刺激物質が侵入しやすくなっているのです。そのため、肌の「3大保湿因子」を補う必要があります。天然保湿因子、セラミド、皮脂がそれぞれ関係していることを覚えておきましょう。また、アトピーのときのスキンケアには入浴と保湿が挙げられます。保湿をする際には入浴後の5分以内に行うようにしましょう。手のひらを使って優しく、塗り残しの無いように丁寧に塗っていくことが大切です。また、これは症状が出ているときだけでなく、出ていないときにも行う必要があります。保湿ケアを日常的に念入りに行うことが、アトピー性皮膚炎の基本的な治療方法とも言えるようです。

アトピー性皮膚炎について調べている人にとって有益な記事を書かせていただきました。貴方の毎日を少しだけ明るくできたら、嬉しいです。是非お読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です